Web開発エンジニアの定年はいつ?

,

HTML、CSSなどのプログラミング用語を利用してサイトの機能をプログラミングするのがWeb開発エンジニアの仕事です。非常に高度な知識と技術が必要であり、日々最新技術を勉強しなければなりません。また、システムエンジニアやプロジェクトメンバー間でのコミュニケーションも必要となります。

実力主義の世界なので実力があれば年齢問わず活躍できます。そのため定年や退職時期は人によってさまざまです。しかし、高度な知識と記憶力を維持しなければならないので50歳前後がポイントとなります。年齢が上がるにつれて誰しも記憶力は衰え、技術を高めることが難しくなるようです。高額収入によって資金面に余裕があるので一般的な60歳という定年を前に退職する人も少なくありません。
技術職を退いて管理職に就く人も多くいます。管理職は現場からは少し外れ人材のマネジメントを行います。専門知識よりも社員を客観的に見て正しい評価を行い、負担を均等に分担させるマネジメント能力が必要となります。多少の専門知識は必要ですが、技術職ほどではありません。管理職であれば長年培ってきた現場の知識を生かしながら業務を行えます。

女性に関しては出産、育児などを機に退職する人が多くなっています。まだまだ女性に関する制度が不十分な企業が多いことが原因です。しかし、在宅勤務制度を取り入れている企業も増加しています。女性も男性同様に実力さえあれば長く続けることができる職種と言えます。